04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

祖母が回復した話

2014.05.21 (Wed)

こんにちは
今日はちょっと面白いことがあったのでご報告です


私には90歳すぎの祖母がいます。もうだいぶ前から寝たきりで、ここ数カ月は食事もとっていませんでした
先月には「もうあと数日くらいしか持たないかも」とさえ言われていました

さらに寝たきりのせいか、ボケなど一切なかった祖母なのに、家族の顔さえ「誰?」と分からなくなってしまっている状態
実の子供である私の父や叔母などは、酷いショックを受けていました
私の両親などは覚悟を決め、喪服の準備をしていたようです


そんな話を聞いてから2カ月
最近私は「まぁでも秋か冬くらいまで大丈夫だろ」と勝手に決めることにしました
そう決めてからわずか一週間ちょっと、今日祖母が数カ月ぶりに食事をとったという連絡が入りました


ここまでは割りと普通の話なんですが、今回はさらに面白いことに祖母のボケが「無かったこと」になっていたんです
家族の顔も自分のことも、全て正確に記憶してはっきりと喋ることが出来るようになっていました

看護師さん曰く、「家族の顔を分からなかったんじゃなく、寝た切りで体もだるくて機嫌が悪かっただけみたい・・・」だそうです


いやいやいや。そんな訳なかろうと思ったのですが、とにかく回復したので良しとしました


この話を聞いた時、私は喜んだのと同時に、少し戸惑いました
祖母の存命は願っていましたが、ここまで回復するとは考えてもいなかったのです

でも、世界は私が思っていた以上の幸せを私にくれました
今までは願ったことは願った通り、もしくは微妙に何かずれて叶っていたことも多かったので、想像以上の幸せを受け取るのは初めてなんです


自分にとって最善を選んで受け取ってきたつもりだったけど、もしかしてこれが最高だ!と決めつけるより、完全おまかせモードの方が色々と楽に生きられるのかなー

でもそれはコントロールを完全放棄することにもなるので、まだちょっと抵抗ありますね
出来る所からやっていってみようかな
スポンサーサイト
19:42  |  潜在意識系  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。